日本語で安心透析治療 トラベルデスク

世界の透析予約 海外旅行透析治療受診支援サービス トラベルデスク(kaigaitoseki.com)

ドイツで透析

ドイツで透析

メニュー(ご希望エリアのボタンを押してください。)

フランクフルト
ハイデルベルグ
デュッセルドルフ


トラベルデスク 海外透析
透析問合せ トラベルデスク
海外旅行透析

ドイツ各地の透析
ロンドン
リバプール
</center>ドイツ透析
ドイツ透析

ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン、ライプツィヒ他)で透析

人工透析のエキスパートが、あなたのドイツ旅行での透析受診を日本語でサポートいたします。
ご旅行は、ご自身でご希望により手配してください。
トラベルデスクは、ドイツ国内で安心して透析を受診いただくためのお手伝いをいたします。
透析と旅行がセットされたパッケージツアーでもありません。
お好きな日に、お好きな旅程でドイツ旅行をお楽しみいただけます。
その旅行の中で透析を受けていただけます。
血液透析になります。人工透析とも呼ばれています。
ドイツ在住の方も受診されますので、日によってはかなり混んでいます。
特に土曜日は、お仕事の関係か混んでいます。
お早めに透析の仮予約をして旅行日を確定してください。
旅行目的は、いろいろです。
多いのがドイツでの、ビジネス、知人訪問、歴史散歩の旅ですね。
それぞれの予定に合わせたイギリス旅行になります。
ドイツで透析をとお考えでしたら、まず掛り付けの先生に「ドイツ旅行の許可」を頂いてから、
透析受診日の仮予約を弊社までお申し付けください。
トラベルデスク ドイツ透析
透析問合せ トラベルデスク
ドイツの旅行者が利用できる透析センターは、主要都市にあります。例えば、フランクフルト、ベルリン、ミュンヘン、ケルン等にあります。
トラベルデスクでは、市内の設備が整った総合病院を中心にお取りしています。
満床の場合、市内の透析クリニックになることもございます。

ドイツ透析

Unser KfH-Zentrum in Frankfurt-Ginnheim

ドイツ在住の透析コーディネータがドイツ各地の透析センターで透析日の予約をお取りいたします。
お取りできましたら、「ドイツでの透析予約のご案内」をお送りいたします。
ご案内に記載しています「日程」に合わせまして必要書類をご準備ください。
これには、ドイツ旅行での透析費用の還付手続きについても書かれています。
透析料金の還付は、一定条件を満たして申請書類を担当窓口に申請すれば、受け取ることができます。
かかった費用の全額ではなく、1回あたり日本で透析を受けられるのに必要な費用を標準料金(現在5万円になっています。)
として、自己負担額30%を減額した残りの70%(35,000円位)が戻ってきます。
ただ、ドイツでの透析料金は、1回5万円〜6万円程度です。
そのため、透析標準料金から自己負担額30%を減額した透析料金の70%程度となります。
必要書類は、通常は、英語でお作りしますので、日本に帰ってから規定の申請書に翻訳してご記入ください。
英語の書類と翻訳を合わせて提出する形になります。
リクエストにより日本語翻訳して記入をしていただける病院もございます。
申請書は、加入されている社保の窓口または、市役所の国保担当窓口でもらえます。
あとは、血液検査(Hbs抗原、Hbs抗体、HIVを含む)を受けられて、透析受診質問書を病院にて記入い
ただくことになります。これらの書類は、透析受診日の90日前からのものが必要です。
手続きには、通常2ヶ月から3ヶ月程度の余裕が必要です。
直近の渡航にも対応できますので、ご確認してください。
弊社は、医療予約の代行をメインに行っています。
透析代行の予約費用は、通信事務費(10,000円)とドイツでの透析アレンジ代金が1施設あたり5.000円と提出書類翻訳支援費が必要です。
あとは、病院での透析治療費が必要となります。

旅行会社がツアーと合わせてされているOPツアーの予約とは基本的に異なります。

ツアー及び旅行業務につきましては、お取り扱いをしていませんのでご自身で別に確保を

お願いいたします。

ドイツ旅行が決まりましたら、先ずは、ご相談ください。
トラベルデスク 台湾透析
透析問合せ トラベルデスク
お待ちいたしております。
トラベルデスク


Booking.com

BCwoordmerkAlt_ja
イタリアの格安ホテル予約がブッキングドットコムで出来ます。



Booking.com

お得なホテルが見つかります。

世界のホテル予約は、世界のホテルから世界のホテル日本のホテルも格安に予約できます。

世界のホテル料金比較は、世界の旅から

ワンクリックで

2018/08/27